×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
光速のバント職人もんちゃんのお気に入り動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.デビルサマナー
2.FUJIWARA
3.佐藤浩市
4.すい臓
5.森島康仁
6.ドルバック
7.MEE
8.花井りん
9.荒川静香
10.今川家

Prometheus: The Art of the Film (Film Tie in) 映画を見てスグに注文しました。ネタバレや映像美術が沢山載ってるのを期待して・・・・
正直、期待した程のモノでは無かったです。逆にどれも中途半端の様な気がしました。1度見たので、「もう中古で売るか」と思っています。

エイリアン3 [DVD] 舞台は囚人惑星。ここでは遺伝子のY染色体をふつうの男性よりも一つ多く持つ特殊な囚人ばかりが収容される。エイリアンシリーズは今のところ4作目まであるが(VSプレデターを除けば)、4作目はほとんどおまけであることを考えると、事実上本作品が完結作といえる。そして、完結作としてふさわしいと思う。

本作品を評して、シリーズ中いちばんヘッポコという人もいるようだが、私にはシリーズ中もっとも荘厳で、哲学的、宗教的な色彩を帯びているように感じられた。とくに、死体を火葬するときの溶鉱炉のシーンは最も印象的であり、感動的ですらあった。私が小学生の時にはじめて観たときにはアクション性ある「2」の方がいいと思ったが、今改めて観た時には「3」が傑作だと感じた。囚人の頭目であるディロンには人間的に魅かれるものがあり、その最期も見事だった。
囚人がひとりまたひとりとやられていく様をみると、初代エイリアンと共通した雰囲気を感じさせる。静かでいて、張り詰めた空気。カメラワークひとつとっても、エイリアンからの視点で描かれており、その存在感を際立たせ、スリルを感じさせる。とくに、終盤におけるエイリアンとの‘追いかけっこ’はスリル満点である。それにしても、ここに登場するエイリアンの繁殖力、適応力の強さは驚異的である。建物の表記に、ところどころ漢字が使用されている。

火葬場で「彼らはすべての闇と苦痛から解放された」という表現があったが、リプリー中尉(いつのまに准尉から昇任してる)は、ラストの行動によってエイリアンとの永き闘いからようやく解放されたことになる。

通勤時間を使って米国公認会計士になれる本〈5〉監査 本が小さくて軽く、混んでいる電車でも読めます。
見開き1ページで1項目が説明されており、区切りがよいので、短い移動時間でも効果的に目を通すことができます。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!