×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
毛利ライオン丸フォンちゃんの直撃アイランド

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ヤマグチノボル
2.花火大会
3.ライナ
4.さとうあき子
5.プレミアリーグ
6.ロックマンエグゼ
7.キノの旅
8.名犬ジョリィ
9.PT3
10.アシタカ

スタディ・オブ・コム デ ギャルソン
ファッション関係を学ぶものとして、ギャルソンについて学ぶことはマスト。読み進むうちに、さすがギャルソン!と思うことが次々に出てきて本当に参考になりました。一読をお勧めします。

UN loved [VHS]
シネフィルを自認するほど映画を見ているわけでもないので完全なオレ基準だが、
近年の邦画では周防正行監督の『shall we ダンス?』、細田守監督の『時をかける少女』、
そして万田邦敏監督の本作を、“高度に計算されたフレームを持つ映画”として褒め称えたい。

これらの作品は必要以上に細かいカット割りや(今日的な)移動ショットとは無縁であり、
フィックスの画(固定カメラ)が多い。画的な変化の少ないフィックスは、見る側に考える
時間を与えることになり、そのことから気付かされたのが高度に計算されたフレームだ。

映画のフレーム(枠)によって切り取られた画面には、構図、アングル、動き、被写体のサイズや
その配置、また被写体の移動方向等々によって観客に与える印象をコントロールする手法が
知られている (これらの手法は映画技術や演出に関する本を読めば色々知ることができよう)。
その手法の的確さがこれほどまでに感じられる作品はめったにお目にかかれないと思う。
‘01年カンヌ国際映画祭 エキュメニック新人監督賞、レイルドール賞受賞作

眠れる美女
雪国で知られる名文句のように、川端の読みどころはやはり感覚に訴えてくる描写にあったように思うが、この「眠れる美女」における風景描写は回想シーンで用いられる個所が何度かあったとはいえ、それほど頻度が高く用いられたわけではない。そこにあるのは老人の悲しみ、懐かしみ、罪の意識、そして破壊衝動だ。これらの起伏に富んだ感情が淡々と綴られ、読者はただその人の意識に恐怖も覚えるとはいえ、死に繋がるのであろう悲しみが、重く感ぜられて良い。こういう空間を作り出す小説は数少ないが、間違いなく傑作にしか生み出せない力である。本作は三島由紀夫が太鼓判を押したことで評価される嫌いが多いようだが、川端ファンの中でもやはりこれが最高だと評す人も多い。
何はともあれお勧めです。こういう感覚は日本の小説にしか生み出せ得ない、貴重なものであるのだから。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!