×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

藤田酒気帯びよ~くんのキラキラ動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.略奪愛
2.石井竜也
3.冬目景
4.スヌード
5.Winona Ryder
6.中原杏
7.ダンディ
8.阿部和重
9.太陽は沈まない
10.ときめきメモリアル ONLINE

i-mobile
ケサラン・パサラン 2 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)  作者を思わせる主人公のイラストレーター由良子さんが自分の家を建てるまで、の行動と迷いを描いた物語後半です。
 由良子さんには更地に自分流の家を建てたい夢があり、国有地を入手、前衛的な建築デザイン事務所に依頼し、さて、というところで、ふと家相の専門家の言葉にゆらいでしまいます。
 前巻のこのあたりの話は、「家」とは人にとって何であるかをさまざまな角度からあぶりだしてくれる面白さがありました。経済問題ももちろんですが、単なる快適な住まいというだけでなく、運勢にも影響・・・?

 たしかに家はその人の「外側の殻」のようなものですし、家が人格を持つかのようなホラー小説もたくさんあります。
 いろいろ超常体験もある作者ならではの、見えない世界や霊的なものに対するゆらぎの感性が、理性で考えた「素敵な家」を打ち消してしまい、どたんばでデザイン事務所を断るばかりか、せっかく入手した土地までも手放す決心に・・・
 この巻ではけっきょくいま住んでいる「大吉」の土地に家をさらに「吉相」で建て直すことになります。

 この物語の迫力は、「家」なる存在がけっきょくは頭でわりきれるものではなく、「家相鑑定家」の言葉というより、それに触発された主人公自身の本能的な直感と不安にからめとられていく、という心理をなまなましく見せてくれたことだと思います。
 だれにでも思い当たるだけに、主人公の振れ幅の大きさが笑えつつも怖かった。

 日常で微妙に気になることを、これだけはっきり拡大してドラマにできるのは、やはり著者の腕でしょう。最後まで引きずられて読みました。
 山岸作品につねに漂っている繊細な不安の糸のようなものの原点を、この作品に見た気がします。

 そして今回もうひとつ、作者のキーワードは「わりきれなさ」だなと思いあたりました。こうだろうな、これでいいよね、と思いながら、そしてある程度それが受賞などの幸運を招いているように見えながら、どこか「わりきれない」ものも残る、この微妙な感覚。
 正直、後味が気持ちよいとは言い切れませんが、単純に「お祓い」や「建て直し」でめでたし、めでたし、になるのではない点が著者らしく、読み終えてもずっと尾をひく感じです。帯にもあるように、私は「家」の怖さを堪能しました。
 

MISOKA(ミソカ) ひと月 禊の歯磨き 歯磨き粉の成分にも体にとって良くないものもありますが、ミソカは水につけて磨くだけ、とっても楽で体にも良い、おまけにミネラル成分のおかげで歯もピカピカ、いいことずくめです。歯磨きが自分でできない祖父も気持ちよく使っています。ただピッタリ30日で交換するのはちょっともったいないかなと思ってる私、せこいですかね[笑い」
イン・コンサート 「もののけ姫」のヒットがあまりに印象強く、他のカウンターテノールを聴くことはあってもなんとなく敬遠してきた米良さんですが、ある中古レコード屋で見かけて購入。グルベローヴァの名前に魅かれただけだったのですが・・・Bravo Mera, 素晴らしかったです。グルベローヴァもさすがの歌声。ライヴ盤なので、臨場感も失われていません。しかしこのコンサートに行きたかった~
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!