×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

光速のプリティリッチーくんのびっくり動画大国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.3号機
2.舘野泉
3.キャッチ タッチ ヨッシー
4.彼 KARE
5.元妻
6.スキャンダル
7.ニンテンドーDS
8.乃木坂春香の秘密
9.情報紛失
10.RUN

DOGS (ヤングジャンプコミックス) 自分は知り合いの引越し作業の時に記念に貰った。
表紙のイラストが綺麗だなとは思ったが、特に期待するでもなく読み始めてみる。
すると、絵は綺麗だし台詞もいい。演出も最高だ!

だが始めは伏線ばかりで多少イラついた。「この本何かの続巻なのか?」と思わされてしまう。
しかし二巻を読み始めるとそんなことも気にならなくなった。

絵が綺麗だしキャラがしっかりと立っている。個人的には双子が好きだ。
集めてみようかなと思った。

・伏線が多い
・バトルシーンがある
・キャラが多い

上記が大丈夫な人にはかなりオススメだ。

フレディ・マーキュリー~孤独な道化~ 著者のレスリ・アン・ジョーンズは、ロック・ジャーナリストで、クイーン生誕(1970年以前)からの取材内容をまとめた本です。CD・PV作りのスタジオやツアー、ライブのエピソードが盛りだくさんに書かれており、クイーンの歴史(CDやPVの発売年)がよくわかります。最後の恋人のジムや側近で友人だったピーターの本とは、視点が違っていて、フレディの周囲の仕事や遊び、趣味等の変遷が書かれていて、多彩なフレディの才能や人柄に魅了された人なのだと思います。何故、「孤独な道化」という副題にしたのか?天才は孤独なんだと言いたいようだけど、フレディは生涯を通じて、たくさんの友人や家族に囲まれた人生だったのではないでしょうか。みんな、いかにフレディを好きで影響されていたか、ミラクルが起きるとどこかで思っていて、死後、メンバーがうつ病等になってしまったりしたというのも分かります。

著者がツアーに同行し、打ち上げパーティー、スタジオ等でそこにいて、フレディが何を感じたかまで分かるくらい。フレディは自分が生み出す音楽をどう楽しんでもらうかというコンセプトで仕事(奇天烈な衣装も)が広がり、お金も入り、たくさんの人が関わっていたか。ライブでは社交的で堂々としているのに、舞台を降りると、シャイで家族を大事にするゲイ、女性も愛するバイ。フレディは、晩年、家庭を持って、落ち着きたいと思っていたのではないかと思わせるようなこともあって、それだけに若くして、45歳で亡くなった天才ロックスターには、悔しい思いで一杯です。

上品で礼儀正しかったり、ゲイとして薬や男あさり?した金持ちロックスターのフレディでもありです。各章の冒頭、フレディの話した内容が書かれていて、その名言はリアルで格好いいです。映像でしか知らないロックスターなのに、その才能や命がつきるのが悲しくて泣いてしまいました。

Devil May Cry (角川スニーカー文庫) 原作1作目のプレストーリー的な外伝小説。
公式の過去話であるところのDMC3が発売された今となっては、主にバージルの扱いに設定の矛盾が感じられないでもないですが、ノリと勢いは本編に勝るとも劣らないレベルに達しているのでこれはこれで良いんじゃないかなと。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!