×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中世のチャオプラヤゆきちゃんの突撃動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.使節団
2.シン・シティ
3.高橋克典
4.エリン・ブロコビッチ
5.ザ・スターリン
6.沼正三
7.井上夢人
8.深谷陽
9.佐藤正
10.宮城谷昌光

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
ネットビジネスを学んでる人の間で話題になった本だったので
読んでみました。

勝つための方法論、
自分力と時代の流れを読むチカラをつけることなど、
いろんな職業の人に応用できると思います。

ビジネスをする人にはオススメです。

アマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
本書をジャンルにあてはめるならバカミス、或いは江戸川乱歩がうみだした造語、奇妙な味の系譜に連なる短編集だ。しかしただそれだけではなく、日本国内で創作された奇妙な味のなかでも燦然と輝きを見せつける稀代も稀代、もはやひとつの伝説といっても過言ではない短編集、なのだが、世間では奇妙な味という言葉もこの作家のこともあまり浸透していないようで、この作家のことは極一部の変わり者にしか知られていない。現代の奇想で知られる有名作家たちを遠ざけ煢然と文壇の一隅で奇想をまくしたてる変人作家の短編集、何度でもいうが、この作家の登場はひとつの伝説である。必ず、必ずきっと後世に語り継がれるであろう、尋常じゃない作家の一人だ。

てるてるあした
「本当なら、今頃は楽しい高校生活を送っているはずだったのに。
 なんで、こんな悲惨な目に遭わなくちゃいけないのよ!」
主人公、雨宮照代は、田舎町佐々良(ささら)で、
鈴木久代という、遠い親戚のおばあちゃんと暮らすことになった。
不満の塊でしかなかった彼女が、サヤさんを始め、
久代さんを取り巻く佐々良の人たちとの出会いのなかで、
少しずつ少しずつ変化していく・・・・・・。
「ささらさや 」の続編。前作で活躍した人物も使いつつ、
新しい物語が、佐々良ではじまる。
いつハッピーになるんだろう? と期待していたけれど、
その点に関しては、少し期待はずれ。話の内容も、
いまひとつ面白いと言い切れない。
しかし、それでも読むうちに涙が止まらないのはなぜだろう?
人の心のやさしさに、触れることができる1冊。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!