×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

逆境無頼ライト兄弟ち~くんの仰天動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.山田恭子
2.リョービ
3.納豆
4.UP-BEAT
5.フェレット
6.貯金箱
7.Feeder
8.金剛峯寺
9.Pulp
10.中田譲治

「グランダー武蔵RV」ソング&ミュージックコレクション
結構いい感じ。
オープニングがめっちゃいい!!
飾らない想いもすっごくいい!!
音楽が好きな人なら聞いてみる価値がありますよ

Piano Sonatas
新聞でこのアルバムについての記事を読み、youtubeで演奏を聴いた。
その美音と、音楽の広がり、深さに驚いた。

ハイドンのソナタ集は、グールド、ポゴレリッチ、ホロヴィッツ、シフ、リヒテルのものを持っている。
グールドのそれは、色々な意味でグールド・ミュージックというしかないものだが、
ポゴレリッチのハイドンは、スカルラッティの演奏でも聞かれた美点が生きていて、良盤。
ホロヴィッツ、シフのアルバムも、彼らのピアニズムを堪能できる名作、名演。
だがフー・ツォンの演奏は、それらとはまったく異なる場所で生まれている。

最初に収録されている31番の第1楽章は堂々としていて魅力的だが、
第2楽章のアダージョの深い味わいは、雲間を揺蕩っているよう。宙に浮いているのではなく、
木漏れ陽の間を歩いているよう。陰影と色彩が交差する。34番から始まる2枚目も素晴らしい。

何度くり返し聴いても、新鮮で、親密。解釈や技巧を超えて、音楽が鳴っている。リヒテルやポリーニなど、
ロシアや東欧まで含めた西洋の音楽家たちとはまったく違うピアニズムがここにある。

録音はロンドンの教会でなされているが、マイク・セッティングがピアノから離れているので、
その場の響きをひろっている。豊かな残響も魅力のひとつ。
音楽との一体感、ドライブ感、美音。一級品のアート作品が持つ特徴を供えた作品。

QUARTET
フレーズの繰り返しが多いのですが、不思議と気持ちを解きほぐしてくれます。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!