×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
B型のスナイパーひろくんの黄金携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.夜警
2.ReFLEcT
3.ワールドサッカーウイニングイレブン
4.柿の種ピーナッツ
5.カイの冒険
6.タイヨウのうた
7.キング バルーン
8.佐江明
9.高木彬光
10.巨神兵

i-mobile
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
「チェ 28歳の革命」の試写会を見た影響で、「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見ました。この映画では、チェがキューバ革命を起こした「根本的な要因」を学ぶことができます。

弁護士一家に生まれ、医大に通うエリートであったエルネスト・ゲバラ。彼は『本だけで知っていた、南米諸国を見て回りたい』と、南米大陸横断の旅を決意します。書籍を読んでいないため詳細は分かりませんが、この時点でゲバラは「貧しい人々を救う」という意識を持ち得ていたのかも知れません。

バイクに、寝袋や食料を詰め込んだものの、ほぼ体一つで南米の旅へ。便利な生活に慣れている私は、「夏服と冬服はどうするんだ?」「風呂は?洗顔は?」「体調を崩したら?」などと心配をしてしまいました。

道中では、チリの寒い雪山やら、牛が歩く田舎道など、想像もつかない環境が現れます。何回もバイクで転倒しながら、それでも突き進む2人。詳しい描写は映画に譲りますが、この体験が、体一つでメキシコからキューバに乗り込み、ゲリラ戦を展開する発想を生み出したのかもしれません。

映画の前半では、旅の辛さや、2人の人間関係にスポットが当てられていました。そして、ペルーに入国する後半からは描写も急展開し、「貧しい人々への共感」がテーマとなっていきます。象徴的なのは、「地上げ屋に自らの土地を追い出され、共産主義だからと警察に追われ、やむなく銅山での危険な労働に飛び込む夫婦」との出会いです。やや、突然現れた感はありましたが、ゲバラの意識変化がひしひしと伝わった瞬間でした。その夫婦、正確には夫は、銅山での仕事を手にするのですが、その雇用者の態度があまりに横柄。彼にに対してゲバラは怒りをぶつけます。『喉が渇いているのだから、水くらいあげたらどうだ!』。そして彼は、自らの全財産(彼女から買い物を頼まれたお金、しかし彼女には別れを告げられたはず)である15ドルを手渡します。(後に判明)

その後の道中では、地上げ屋に土地を追い出された貧しい人々と「これでもか」というくらい遭遇します。彼らが共通して言うことは、『私達は団結している。少数だからこそ団結する。』キューバ革命への伏線として用意された発言でしょうか。他にも伏線はありました。マチュ・ピチュにて、『革命を起こしたい』・『銃がない革命は無理だ』と口にするのです。ペルーの貧しい、哀れな人々が、ゲバラに対して「体制打破への想い」と「武力闘争という現実的な選択肢」を与えたのでしょうか。共産主義への是非は別として、人々の為にここまで震え上がることの出来るゲバラを、本当に尊敬した瞬間でした。(私は今まで「自分の為に」「自分の成功を」とばかり考え、近視眼的に自分のメリットを追求して生きてきました。そんな私の人生には、「人々のために、誰かのために」という視点が欠落している。時代が違うとはいえ、どうしてここまで考えが及ぶのでしょうか。)

続いて、ペルー市街での知り合いの医師を経由して、ハンセン病の人々が療養する地域へと足を運びます。この頃のゲバラは既に、「貧しい人々を何とかして救いたい思想家」となっていました。ここも実際の描写を見て頂きたいのですが、「手袋をつけないシーン」や「アマゾン河を渡るシーン」に表れています。特に、誕生祝いの席での発言は、「革命家チェ・ゲバラ」そのものでした。

『意味なく分断されているが、南米大陸は一つの多民族国家だ。皆さんの代弁者ではないが、何か出来ることがあると思う。』(フレーズがうる覚えですが、趣旨はこういったものでした)

この時点で既に、「貧しい人(労働者階級)vs富める人(資本家階級)」、「貧しい国(南米諸国)vs富める国(欧米諸国)」という図式は描かれていたのでしょう。恐らくゲバラは【1】「富める人で、貧しい国」に生まれたからこそ、ゲバラ足りえたのだと思います。【2】「貧しい人で貧しい国」なら何も出来ません。【3】「富める人で富める国」なら問題意識を持たないでしょう。【4】「貧しい人で富める国」ならば、自分の成功を目指して突き進むのではないでしょうか。そう、それが「アメリカン・ドリーム」です。自分の生活はそれなりに豊かである。それは家庭環境もあるし、高い教育を受けたおかげで、自分も豊かな生活が送れそうである。しかし周りを見渡してみると、教育すら受けられず、生まれながらにして貧しい人生を決定付けられた人がいる。『人の役に立ちたい』と何度も口にするゲバラからしたら、不甲斐無くて仕方がないのでしょう。

自分の人生について、本気で考えさせられる映画でした。
チェ28歳の革命・チェ39歳別れの手紙も、是非鑑賞してください!

The Che Handbook
原書題名の通りの「ハンドブック」。
膨大なフォトグラフ、いくつかのチェに近しい人間の回想的インタビュー、
そして若干の彼の人生に関する文章的記述からなる。
批判的精神だとか、なんだとか、小難しく考えなくて良い
…それが本書の最良の部分だろう。
思想としての共産主義、社会主義が破産しきってしまった現在、
思想的なアプローチからチェを読み解こうとしたところで、
各種のバイアスはどうしたって掛かる。
本書をそうしたアプローチで読もうとしてもおのずから限界がある。
生誕から非業の死、そして死後…。
前世紀の半ばを痛快に生きた、一人の冒険家的な軍事的英雄…
その人生を人となりから味わいたいという人向けだ。
純粋にチェの人となりと歩んだ道程を読んで、見て、楽しもう。
本書はそのための本だ。

白い春DVD-BOX
今までにない阿部寛さんの作品だと思います。言ってみれば、阿部さんが主役なんだけど悪役で刑務所で9年過ごして出所したところから始まるストーリーです。行く当てもなく彷徨っていた所に偶然出会う少女・・・愛してるが故に別れた病弱な彼女・・・病気を克服していると信じていたが・・・設定はシリアスで笑う所なんかないと思うようなドラマですが、時々少女に振り回される阿部さんを見てると微笑ましく思ってしまい気持ちがほっこりするようなドラマです。内容はこれ以上書きませんが、配役がとても良くてみんな人間味溢れる役を見事に演じています。個人的には子役の大橋のぞみちゃんにやられましたね。マルマルモリモリの子より子役を演じていると思いました←変に大人びていて・・・
あんなかわいい娘がいたら自分も必死になれるような気がします。

ドラマ最後は皆さんのレビューを見る通り賛否両論ですが、自分が犯してしまった罪により苦難な人生を歩むことになってしまった主人公の短い春の暖かい日差しのような時間をドラマにした話しだと思います。せつないけど暖かいまた見たくなるドラマです。

リアルタイムではこんな良いドラマ放送されてるの全然気付かなかった。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!