×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新米クロマティとんくんの情熱動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.夏樹静子
2.アクアゾーン
3.17才 at seventeen
4.着信アリ
5.兵馬俑
6.リッチー・ヴァレンス
7.カッコーの巣の上で
8.フレイ・アルスター
9.Vanness Wu
10.テイルズオブデスティニー2

チャームブレスレット・スペシャル・エディション それは2年前の夏、あるNet ShopでこのTour Editionが新品\500で売られていたため、当時もう興味のなくなっていたMariahだったが、安さに惹かれて買ったのであった。
そして聴いたのがこの7月。
買ってから聴くまで2年のBlankは私にとっていつもの事だし、所詮2003年発表のAlbumだから何時聴こうが大して変わらんと思ったから。

で、Disc1のReviewは既に他の方々が5年前にやりつくしているので、私はBonus DiskのReviewをさせていただきましょう。

新曲と称される1曲目の"There Goes My Heart"ですが、おそらくこのAlbumのために録音した数曲のうちの残りカスでしょう。どうって事のないMedium Numberです。Single-Cutされても勿論売れないでしょう。
2曲目の"I Know What You Want"はBusta RhymesとFlipmode SquadをFeatureしたRap NumberでMariahは殆ど絡んできません。
それにしてもEast CoastのHip-Hopってどうしてこんなに詰まらないんだろう。全く私の肌に合いません。
そういう意味では3曲目の"Got A Thing 4 You"はWest CoastのDa Brat参加だからまだマシ。
でもマシ程度です。Bobby Caldwellの"What You Won't Do For Love"をネタ使いしていて、多少良いかなってところです。
最後の"The One"(So So Def Remix)ですが、私的にDisk1で一番気に入っていた曲なのに、このRemixは酷い。
原曲の良さが全く損なわれてしまっていて、何が何だか...

残りの"Through The Rain"と"Boy(I Need You)"のVideoはホンマニおまけ程度の価値しかありません。

結論、MariahのCoreなFan以外にはBonus Diskは不要です。

ユライ花 中孝介の資質とその声が非凡であり、多くの人に感銘を与えることは間違いない。小生がこのCDを購入したのも、随分前に一曲彼の歌(「花」)をTVで聴いて、もっと聴きたいと思ったからだ。
アメリカにRaul Midonという超新星がいる。彼も世界中のあらゆる音楽に通じており、その1stアルバムでは、これでもかというくらい盛り込んだのだが、誰のものでもない、彼独自のuniqueな「世界」を表現している。
一方で、中孝介のこのアルバムであるが、01.花、025.Going on、05.Ave Maria 辺りはやはり素晴らしい。
だが、トータルとしてみるとき、中孝介の独自の「世界」が現れてきてないと思う。
・・・その責の一端は、プロデューサにあるのかも知れない。

”僕が歌うとこの歌はこうなりますよ”的なものではなく、
音楽を心底愛している中には、是非彼にしか表現できない”Atari Wold”を創造して欲しい。
期待してます。

ミュージック・オブ・ザ・サン(初回限定盤) Pon De Replay最高!独特なリズムとサウンドで初めて聴いたときからすごく気になっていました。ジャケットの写真はちょっとコワイ系ですが、テレビで見た本人はすごくキュートな感じの女の子でした☆リアーナは将来有望視されていて、すでに数枚のアルバムを出す契約も締結済みだとか。まだ17歳(確か)なので将来が楽しみです(^^♪是非聴いてみてください☆彡
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!